chiiの夏帰省④

こんにちわ😀 chiiです。

今回は母と山に登った話です☀️

あと、原発の話も少々。

母の両親は健在で、介護もそんなに必要ではないのですが、買い物や通院などに

車は必要なのです。

祖父母もまた、福島県内をあちらこちらと転居して今は南相馬市に落ち着いています。

たまたま空いていたリフォーム済みの一軒家を借りられたので、

慣れないマンション暮らしよりは快適そうに見えます😊

上記に書いた通り、祖父母には移動手段がないので、母が一緒に同居しています。

父は平田村に住んでいるので、定期的に母が平田村に通っています。

父と祖父はお互いに気を使い過ぎて同居は難しいそうです。

もし、震災がなくて、原発事故がなかったら…

祖父母の介護で、母が実家に様子を見にいく事はあったかもしれませんが、

ここまで遠い距離を移動する必要はなかったのです。

元々住んでた両方の家同士は車で1時間、

南相馬から平田村に行くのには約2時間かかります。

東電からの保証は頂いてるとはいえ、

定期的に長距離を移動しなければならない母は大変だと思います。

原発のある町に育ち、その収益で町が潤い、大人達に仕事もある環境にいたので、

一概に原発は否定できません。

しかし、原発関係の仕事にたずさわらずに生きてきた両親には、

今の環境はあまりに酷に思います。

帰省中、南相馬の家にもお邪魔してきました。

そして、南相馬からほど近い新地町にある鹿狼山麓(かろうさんろく)に行ってきました。

鹿狼山は429.3mのそこまで大きい山ではないのですが、

運動不足のchiiには…つらい❗️

初夏の陽気も手伝って、暑い❗️

母は昔よく登山に行っていたので、この位の標高は楽そうでしたが…

山頂までの登山コースはいくつかありますが、

今回入った入り口には「展望の道」「樹海の道」がありました。

どちらも40分とあったので、距離はあるけどなだらかなコース「樹海の道」を選びました。

なだらかで歩きやすい!😊

しかし、歩けども歩けども山頂までが遠い!😭

やっとの事で山頂に着くと、10人くらい人がいます。

話を聞くと毎週登山会で登ってくるんだとか。

確かに、頂上で飲むお茶は美味しい✨

こんなに広々とした展望ですから😀

鹿狼山麓の頂上

山頂には神社もある。元旦には焚き火をして、ご来光を見るらしいです🌅

山頂の神社

帰り道は距離は短いけど段差の多い「展望の道」を下ってきました。

下りの高低差が足にくるぜ…😭

無事下山すると、麓に温泉が❤️

入りました😊鹿狼の湯

いいお湯でした😄筋肉痛も無し❗️

温泉パワースゴい❗️と実感するchiiでした😊

当ブログは「人気ブログランキング」へ登録しております。
宜しければクリックお願いいたします。