chiiの超高速!参勤交代リターンズ感想

こんにちは😃 chiiです。

今回は映画『超高速!参勤交代リターンズ』の感想です。

※注※少しネタバレ有ります。

前作『超高速!参勤交代』からの続きのお話ですが、
リターンズだけでも話が分かるようになっていました。

前回、無事に参勤出来た湯長谷藩一行でしたが、

今回は参勤交代の交代、帰り道の話です。

話をざっくり解説すると、
帰る前に牛久の旅籠でお咲を身請けしてみんなでワイワイ。

そんな所に湯長谷で一揆があったと報告を受ける。

一揆が起こると監督不行届きで、

藩の取潰しもありうるので早く納めなければならない。

ので、また急いで帰ろう!

2日以内で!😳

また、走ります笑

その頃の江戸には徳川吉宗が日光東照宮にお墓参り中で不在。

謹慎から解かれた老中・松平信祝が湯長谷藩一行を狙い刺客を放ちます。

今回のリターンズで面白かった部分は、
川を渡って行くシーン。

泳げない家老・相馬が流されるがみんな助ける気が無く笑

弓矢の名手・鈴木吉之丞(知念くん)が助けに行くが相馬を助けて自分が流される…

川を渡って二人を探しに行くが相馬のみで鈴木はおらず。

置手紙を残して先に進む一行。

川下には流れ着いた鈴木、洗濯に来たおばさん達に死体と思われ拝まれるし、

股間も見られるし笑

踏んだり蹴ったりな感じが面白かったです。

他には、
殿の気持ちが知りたいお咲が戦闘中にちゃんと言って!と迫るシーン。
戦闘中で危ない&敵がわざわざ自己紹介してくれてるのに遮って話続ける二人…

最後は敵をぶった切って告白してくれる殿。

敵が不憫で笑ってしまった😂

個人的には、湯長谷で起こった一揆のシーンがエキストラが地元の人なのか、

地元の方言満載でほっこりしました☺️

確かに浜の訛りはこんな感じだ❗️みたいな。

たまに使う😆

前作の描ききれなかった話や、
キャラクターの設定が追加されていて面白く見れました☺️

まだ見てない方はぜひ前作、今作続けて見てみて下さい🙂

chiiでした❗️

当ブログは「人気ブログランキング」へ登録しております。
宜しければクリックお願いいたします。