beruf(ベルーフ)のバッグ「STROLL TOTE BAG NC」を購入

こんにちは!( ^o^)ノ < daiです。

 

自転車通勤用に鞄を新規購入!

引っ越しが決まり、それに伴って通勤距離が〜3kmから9km〜程度に増えそうなので着々と準備中。今まではビアンキの薄型ショルダーバッグでの通勤で、乗車中に結構ずり落ちてくるので都度背中に戻してたのだが、距離が増えると流石にうっとうしいので新たに鞄を探した。

 

第一候補は berufの「brf-UC01-LD」だったんだけど、

 

同じく berufの「brf-CF20-NC」がAmazonの値引きと併せてわずか定価から1万3千円引きの2万円となっていたのでこちらを選択。

 

で、届いたのがこちら。

ベルーフバッグ brf-CF20-NC
僕の写真だと大分鮮やかに見えるが、実際の色は「深い紺」といった感じで(当たり前だけど)公式ページにある写真の色合いに近い。 前面のジッパー部分はメイン収納とは別の空間になっており、ペンなど細かな物が納められる。

 

トートバッグにもなるしバックパックにもなるのが特徴。

 

ベルーフバッグ brf-CF20-NC
トートバッグ状態。

 

ベルーフバッグ brf-CF20-NC
ここを引っ張ると取っ手が引っ込みバックパックに適した長さになる。

 

ベルーフバッグ brf-CF20-NC
背面のロゴ部分が滑り止めになり、背中で暴れにくくなる……と説明されている。

 

ベルーフバッグ brf-CF20-NC
カバン自体に撥水加工してあり、ジッパー部分も防水加工。

 

ベルーフバッグ brf-CF20-NC
メインの収納へは上のボタン部分を開く、もしくは横のジッパー部分からアクセス。

 

ベルーフバッグ brf-CF20-NC
がばっと開くタイプではないので底の方に入れた物は取り出しにくい。なので横から出し入れした方が良い。

 

ベルーフバッグ brf-CF20-NC
サイドポケットはペットボトルや大きめの折りたたみ傘は入らない。

 

物の取り出しやすさでは劣る。

上位の「brf-UC01-LD」は鞄(の前面)がパックリと開くので、頻繁に物を取り出す必要のある方はそちらを選択した方が無難。価格が高いだけあり見た目も、背負ったときのシルエットも格好良い。

ただ、「brf-CF20-NC」は布の手触り・質感が気持ちよく、見た目が軽やか。ビジネスにもカジュアルにも合うデザイン。また上記の鞄と同じく荷物を入れてもシルエットが余り崩れないのは良い点かと思う。重さも950gと軽め。
人によっては欠点となる部分は、開口部が大きく開かない点、(ギミックがあるので仕方ないが)ショルダーベルトにクッションが付いていない点か。

 

2月下旬、バックパックとして背負い自転車で往復6km走った感じでは気持ちの良い装着感。夏になると評価は変わるかもしれないので(忘れてなければ)追記したい。

 

ベルーフバッグ brf-CF20-NC
最新情報をチェックしよう!
広告